膀胱炎の市販薬は抗生物質じゃない!?

市販薬では膀胱炎自体の治療はできないそうです

膀胱炎で泌尿器科にかかった場合は、抗生物質を処方されるのが一般的だそうです。これによって、膀胱内に増殖することで粘膜に炎症を引き起こしている細菌を、駆逐することができるのだとか。

膀胱炎と言えば、水をたくさん飲んで尿を頻繁に出すことで治すというイメージでしたが、抗生物質を飲めばそれよりも直接的に治療することができるんですね。

となると、膀胱炎の市販薬も、そのような抗生物質なのかと思いきや…実際のところ、そうではないみたいです。

なぜなら、法律の関係上、抗生物質は市販できないことになっているからです。では、膀胱炎の市販薬には、抗生物質ではなく何が含まれているのかと言うと…利尿作用をもたらす漢方成分だそうです。

漢方薬の中には、膀胱炎にも有効な殺菌作用を持っているものも有るようですが、日本で有名な市販薬などを見てみると膀胱炎に有効ということすら書いてなく、頻尿や排尿痛の改善に用いるものということになっています。

尿の生成を促進して排尿を頻繁にさせる、つまりは膀胱内に増殖した細菌を排出させることで、症状の改善を促すという事なのでしょうか。

そのため、泌尿器科で処方されるような抗生物質に比べると、膀胱炎の市販薬の効果は大分劣るとのことでした。

確かに、精々自然治癒を補助するくらいの効果しか無さそうですからね。そのため、本当に初期段階の膀胱炎なら市販薬でも十分治せますが、少しでも症状が進行している場合は、ちゃんと泌尿器科に行って抗生物質を処方してもらうことが推奨されるみたいです。