レバーを食べたら風邪を引いた?

たまたまだとは思うものの・・・

年齢とともにきになる肌の調子。目の調子。
肌は、元々乾燥肌の傾向が強く、目は、最近は、夜盲症なんじゃないかという位、夜になると視力の低下を感じています。

その上、貧血気味で鉄分不足なのかなぁと思うところもあります。
こんな場合に最適な栄養は何か調べてみると、ビタミンAが真っ先に浮上しますが、更に鉄分なども不足している懸念があります。

という事でそれらを豊富に含む食材として、レバーを食べてみました。
丁度、スーパーに1kg入りの鶏レバーが有ったのでそれを購入し、解凍してから小分けにして冷凍保存。

レバーのビタミンAは、ベータカロテンとは違い過剰症のリスクがありますから。あまり食べ過ぎてもいけません。しかも、プリン体も多いみたいです。
プリン体は、痛風の原因となるそうですから。

高栄養な動物性食材は要注意ですね。

という事で数日おきに夕食で食べるようにしてみたところ、特に変化は感じませんでした。ターンオーバーはすぐに来るわけじゃ無いので、そりゃそうなんですけど、反対に、ちょっと気になる症状に悩まされました。

それが、風邪を引きやすくなったこと。
それまで、一年を通じて風邪を引くこと無く快調に過ごしてくる事ができたのに、レバーを食べたと同時期に久しぶりの風邪…。

レバーを食べ始めたタイミングから、風邪を引いてそれが長引く事が2回続きました。
たまたまだったとは思うけど、なんだか気になります。

もしも何らかの因果関係があれば、レバーから栄養を摂るという発想自体気をつけなければならないかも。

根拠の無い実感なので、まったく関係ないと思いますが、良い変化は特に感じられそうにないし、痛風のリスクもあるという事で控えめにしておこうと思います。

やはり、動物の肉は良くても内臓系は、気をつけた方が良いのかもしれません。