飛蚊症は誰にでも起こるそうです

視界を蚊のようなものがウロウロする飛蚊症

年齢と共に現れる変化は、目の中にも有ります。それは、まるで蚊のような黒っぽいホコリのようなもので、見える部分に手を伸ばしてみても何もつかむこともよける事もできません。

こうした視界に起こる症状を飛蚊症というそうですが、これは、目の中に原因が有って影が映る事で黒っぽく見えているようです。簡単に考えると目の中に硝子体というゲル状の組織が有り、その中に不純物が有る状態。これに光が当たると、網膜に影のように映るという仕組みです。

結構、この症状に悩まされている人も多いようですが、それもそのハズ。飛蚊症は、ちゃんとした治療方法が無いので発症したらそのままで何もできないのです。病院に行っても治療してもらえないのが残念なところ。

じゃあなぜ治療してもらえないというと、飛蚊症は、加齢に伴って誰でも起こるもので失明の危険性が無いから、そのまま放置しても大丈夫ですよーという解釈なようです。でも、人によっては、常に見えているのが煩わしく感じてノイローゼ気味になったり、試験や勉強に集中できなかったりとストレスの原因となっている場合もあるようです。

時間と共に飛蚊症にも慣れてきて気にならなくなってくる事が大半なようですが、それも長い年月が必要。それに、その間にも症状が進行する心配も有ります。これはどうにか改善する方法が無いのでしょうか。

そこで、調べてみると飛蚊症をサプリメントで治療という方法がもしかしたら出来るかもしれないようです。もちろんサプリメントなので、すぐに効果が現れるというものでもないし、人によっては、何も変化を感じなかったなんて事もあると思います。