液体ソープのファンガソープが良いらしい

石けん・液体ソープ選びは結構重要ですね

元々乾燥肌で皮膚もそんなに強くないので、スーパーやドラッグストアに売っているような液体石けんがどうも受け付けません。時々かゆくて収まらなくなる事もある程です。
こういう敏感肌体質の人は、結構多いかもしれません。

なんせ、化学物質が多いので、そういう反応が普通かもしれません。それに、しっとりというよりもぬめりというか粉が皮膚の上に付着して取れなくなったようなサラサラ感もちょっと苦手です。

そんな事を思っていたら、母親が以前から米ぬか石けんを使っていたのですが、どうやら、肌の調子も良くて気に入っているそうです。それから、私も米ぬか石けんを使っていたのですが、確かに、安い液体ソープより全然良かった。

ただし、石けんなので洗浄力が結構強めです。
固形石けんってしかも弱アルカリ性らしいですね。人に最適なのは弱酸性。

この辺が気になったので調べてみると、石けんの場合は、酸性に触れるとすぐに洗浄力を失うそうなので、肌へ残る事もないんだそうです。確かに、そう言われると納得します。
それに、ずーっと定番で人気ある商品なので、その辺も実際に多くの人が試して実感しているというのもあります。

でも、最近になって、液体ソープでも良さそうなものがありました。
それは、ファンガソープというもので、ティーツリーオイルという殺菌力に優れたハーブが配合されているそうです。他にもシアバターなど肌を保護する成分も。

これが、欲しくなったので実際に買って使ってみたら、液体ソープなのにかなりすっきりします。しかも、ある程度保湿力があるけど、市販の安い液体ソープのような変な残留感がありません。更に、ニオイもほのかにヒノキのような香りがあって、ちょっと独特だけど、全然嫌じゃないニオイ。

このファンガソープに含まれるティーツリーオイルですが、色々な感染症にも用いられているそうです。例えば、爪水虫や女性に多い日和見感染の一つであるカンジダ膣炎や男性の亀頭包皮炎などにも使われているらしく、昔から、この殺菌力の高さから重宝されてきた成分だそうです。

これらの予防の為の普段使いとしても良いそうです。
使い心地も良く、殺菌力もあるので米ぬか石けんの次のパートナーとして、これからも使っていけそうな気がしています。