白髪が増えてきたら・・・

白髪の原因と必要な栄養素

年齢を感じ始める多くのきっかけとなる白髪。10代でも生える事が有るけど、30代、40代と次第に増えてき、気が付いたころには、白髪の方が多くなっていたなんて事にもなり兼ねません。また、頭髪の白髪だけならまだしも、眉毛や鼻毛にも白髪が有るのを発見した時には、老いのショックを感じる事が有るかもしれません。

そんな白髪ですが、原因となるのはメラニン不足が有力です。
そもそも生えたばかりの毛というのは、黒ではなく、白いそうです。その白い毛に色づけが行われる事で黒くなるとの事。

その色付けを行う働きが弱っていると白髪となったり、白髪が増える原因となるようです。
その白髪の原因は、メラニンの元となるチロシンの減少によるもので、これが、メラノサイトの働きを悪くしてメラニン色素の生成不足を起こします。

これが、メラノサイトのようです。
実際の画像を拡大したものだと、リアル過ぎて解りにくい気がしなくも有りません。

では、なぜメラノサイトの働きが悪くなるのかという事ですが、加齢によるものや遺伝の関わり、ストレスやホルモンバランスの乱れ、または、病気によるものなど、原因が複数有ります。

普通に生活していて白髪が増えてきたという場合は、加齢や遺伝、ストレスの中に原因が隠されている。もしくは、これらが複数関わっている可能性も考えられます。

また、現代人は、若い世代でも白髪が増えてきたりを始め、今までは、40代、50代などが患うような病気にかかる人の割合も増えていると言われています。なので、現代人の生活の変化も白髪が増える原因とかかわりがあるのあもしれません。

そんな白髪ですが、”チロシン不足”が関係しているという事から、チロシンを摂取する事でも改善の見込みが有るようです。

チロシンというのは、体内で必須アミノ酸であるフェニルアラニンから転換されて作られるアミノ酸の一つで、甲状腺ホルモンや皮膚やメラニンの原料となります。

食材では、動物性タンパク質の多くに存在しているので、普段の食事でも不足する事は少ないかもしれませんが、神経や代謝を左右する働きがあるという事から、神経の消耗の激しい現代人の生活において、不足しやすいという事も考えられます。

多く含んでいる食材として、プロセスチーズやナチュラルチーズ、高野豆腐やしらす干し、または、らっかせいなど、少し意識してみないと食べないような食材に多く含まれているようです。白髪が増えてきたと思ったら、これらを意識的に食べてみるのも良いのかもしれません。